働くのに向いている人を知ろう

新亜光学工業で働くために!向いている人の傾向

手先の器用さとコミュニケーション

カメラのレンズ部品を筆頭に、さまざまな細かい部品を作っている新亜光学工業ではやはり手先が器用な人が採用されやすいようです。
細かい作業の多い仕事ですので、当然と言えば当然なのですが、とても重要なことの1つなのです。

例えば、手先の不器用な人が1つの製品に多くの時間をかけてしまうとします。
正確で丁寧な作業なのは良いのですが、1つ1つに時間をかけすぎてしまうと納期に間に合いません。
つまり、正確で丁寧な作業をしつつ、素早い仕事のできる人でなければならないということです。
そのためにはやはり手先が器用な人が求められます。

手先が器用で素早い仕事ができる人であっても、納期に間に合うかどうかわからない時があります。
そんな時に周囲に助けを求められるかどうかも大切です。
どんなに仕事ができる人でも、1人でできる仕事ではありません。
間に合わないかもしれない仕事や、手に余る仕事を周囲に助けてもらい、また周囲の人が困っていたら助けてあげられるようなコミュニケーション能力も必要だと思います。

集中力を高めるには?

新亜光学工業でのお仕事は、長い時間同じ作業を行うことも多いです。
長い時間同じ作業をし続けるということは、思っている以上にきついかもしれません。
こればっかりは、向き不向きがあると思います。
どんなに勉強熱心で向上心のある人であっても、集中が長く続かないとミスに繋がってしまう可能性が大きく、とても不安です。

このような、手先の器用さやスピードを求められる仕事に、更に長い時間の集中力が必要な場合、興味もないのに働き続けることは苦痛にもなりかねません。
どんなに頑張っていても、頑張りだけではどうにもならないことも出てくると思います。

ではどのような人が向いている職業なのでしょうか?
1番良いのは、この分野が好きで興味があり、もっと知りたい、もっと良いものを作りたいと感じることができる人ではないでしょうか。
もちろん、その他手先の器用さなどのスキルは大切ですが、集中力に関しては、興味や好きという感情を持っていることが1番重要だと思います。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ